面倒で誰も教えない異質DJ講座

DJについての初心者向けの情報は様々な形で公開されていますが 当サイトでは他とは少し異なる現場からの現実的な音の提供者側の視点、業務用DJ講座として実質的な理論を盛り込んだものまでを公開しています。



| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

≫ EDIT

CLUB以外の会場での音響システム

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On


よくミニ会場での小規模イベント会場というものが開催されておりますが
(意外とランダムで隠密裏に潜入しとります)

その会場でのこれはやばいだろという

ひとつの特徴があります。



それは・・・・・・・・・・・





まずは
にほんブログ村 音楽ブログ DJへ
☆-(ノ゜Д゜)八(゜Д゜ )ノイエーイ



「音響の不足」です。



小規模だけと限ったことではないのですが

何度でもいいます。





「音響の不足」です。




さて、大音量の環境下において

普通の声の大きさで、となりの人と普通に会話ができる。



と、いう話を過去に実際にあった伝説的なCLUBがあったことは

ここでは説明をする必要もなく

ご存知のことと思います。



この環境セッティングの第一の利点結果として

「コミュニケーション」をとりやすい



ということがあげられるでしょう。



これは現実的な「運営」において

ひじょうに重要な「無形のビジネスツール」のもたらした

極めて重要な環境結果であるともいえることでもあります。




運営初心者の継続できない理由のひとつとして

初歩的なセッティングミスがあげられるともいえることなのですが、

このゲストが楽しめる要因は

小規模であるほど周囲とのコミュニケーションが

図れるかどうかで深い潜在意識の中へ記憶される結果であるといえます。




もちろんこれは、その現場の環境によりますが

「どのような音であるか」
「どのような音の種類であるか」
「どのような音の質であるか」etc.



以前も、高音質がもたらす結果についての

簡易的な記述をしましたが、


この業界は「無形の商品」を提供する

つまり「感性」を販売するビジネスでもあるのです。


これは既に、飲食店業界でも応用され

取り入れられている「環境設定」でもあるのですが

イベント的なものを前面に出している関係者であれば

ぜひ、これからこのことを

少しでも意識していただければ幸いと存じます。





それでは実際に自分の場合はどうであったか?

どのようにしたセッティングであったか?



ひじょうに簡単なことですが

逆に非常に面倒なことでもあります。




これは、とにかくあるものをできる限り利用します。

周りの協力が必要な場合もありますが




まず、

「できるだけAMPとSPをかき集める」


そして、それに見合った必要な長さだけ

SPケーブルを確保する。




たったこれだけのことで

「音量が足りない」「人が多くなると音が湿っぽくなる」


などなど最もゲストから求められる無意識の要求に対して

重要課題である「悪状況を改善」できます。




これは物理的(?)であり、常識的なこと(のばず)なのですが

この「悪環境」の原因は各SPに対しての

「過大負荷」が最もシェアを占領している課題原因となっている現場が

非常に多いのが現実です。



これは、例えて言うのであれば

軽自動車に大相撲力士が5人以上乗車しているようなものです。



もちろん、SPの種類が統一されていれば

一番問題はないのですが、

そこは、簡易的な小規模イベント♪


最低限のものを利用してセッティングに望みましょう。



とにかくあとは

実行あるのみ

もちろんこれも取り入れて

セッティングを振り分けるとより一層効果的になります。


あなたの、小規模イベントの成功を

お祈りしております。

※この記事は業務用カスタム裏会員用に限定配布された
運営ノウハウ2006年度版(非公開・非売品)
顧客心理と有形キャッチ効果のツカミツール」の項目より
一部抜粋いたしました。


ミキサーも欲しいしエフェクターも欲しいし
かといって●●●ク●じゃあ音悪いし・・・

そんなことで迷う必要なしっ! ↓∠( ̄∧ ̄) これっ!!!
意外な盲点!!ハイクオリティなコストパフォーマンス機種NUMARK5000FX

意外な盲点!!ハイクオリティなコストパフォーマンス機種
ちなみに、届きたてはこんな箱に入ってくるぞよ
届きたて

※問題点→この箱が入っている箱もあるので開けるのが大変





スポンサーサイト

DJ現場用高音質環境リスト

| お手軽サラウンドシステム | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サラウンドシステム

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

いやぁ~乾杯♪ヾ(≧∇≦*)ゝウィ~
極旨っ!!

一仕事のあとはこれですねぇ~



飲んでますか!?



そんなことはさておき


大リーグ養成ギプス(古っ)


ならぬ


LONGMIX派養成システム

(笑)


---------------------------------------------------------
そんな大げさなものではありませんが

「簡単お手軽サラウンドシステム」というものを

HPにてページ追加しました( ^ー゜)σ

※正確には擬似サラウンド




これは、


メインのアンプと余っているアンプをピンケーブルでつなぎ



それぞれのアンプに

通常SPを2台づつつなげるだけなのですが



これの利点は



サラウンド側の信号を任意でメインと別に

ボリュームの微調整が利くこと


アンプのSP出力の接続方法をちょいと変えるだけで


できて眠っているアンプがあったら


これも活用できるという


プチエコロジー的な(かなりあいまいです(笑))優れものに


変身します。



いままで聞えなかった、聞き取りにくかった音が


ハッキリと出るので音の広がりを楽しめるというものです。



これがメリット


もうひとつは、DJMIXがうまくなるということ
(モニターは両耳タイプのシステムがないとつらいかも)

次にモロバのツルギ的なメリットというかデメリットは



・・・・続きはコチラ



面倒で誰も教えない異質DJ講座



DJ現場用高音質環境リスト

| お手軽サラウンドシステム | 00:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。