面倒で誰も教えない異質DJ講座

DJについての初心者向けの情報は様々な形で公開されていますが 当サイトでは他とは少し異なる現場からの現実的な音の提供者側の視点、業務用DJ講座として実質的な理論を盛り込んだものまでを公開しています。



PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

≫ EDIT

どう使うかは、どう生きるか

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On


さて、冷静に企業広告などを見てみますと

実に理と利にかなった言葉のヒントというものが

たくさん隠されています。


たとえば最近の、とある銀行の広告見出し


この場合お金を貸す企業でもあるのですが

ただ、お金貸しますよというだけでなく、お金を賢く

使って、いい人生を送ってくださいと言っているのです。


ここで「ん?」ではなく

「お!」…と思ったら一流ですよ♪




まずは(。・ω・)ノ゛にほんブログ村 音楽ブログ DJへ
こやつも(。・ω・)ノ゛ブログランキング★クラブ



安売りDJセットの限界



さて、

当サイトのメインターゲットは

これからDJをはじめたいなどの

初心者ではなく最低3年のキャリアがなければ理解不能という

謎のサイトでもあるわけでございますが

元々は店舗開業における初期導入のノウハウの一部で

音響機器関連の

高音質・低コスト化の項目の部分をピックアップしている内容です。


よくある激安ショップにある初心者DJセットを見かけることが多いのですが

長い目で見ると実は効率の悪い回り道。


きちんとしたものを段階的に導入する術を

持っていれば良いのですが

ついついとびついてしまう方の原因は

「とりあえず」という名前の妥協。

あまり根拠のない「あせりすぎ」によるものではなかろうかと

強く感じます。


安物買いのなんとやらで

例えばすべてがあてはまるわけではないのですが

100円SHOP感覚が変な意味で

身体に染み付いたまま行動に至るようにも思えるのですが

いかがでしょうか?


家の中のみで趣味的なもので終始するのであれば

問題はないのですが

やはりプチイベント的なものをしたくなるのも事実。



まともな機器が固定設置されているところであれば

問題ないのですが

その家の中の延長線上でまっさらなスペースで

行う場合は…非常に…まずいです。


何がまずいかというと…


そのまま「続ける」ということ。



ちなみにですが、

かつて大学生に機材類を貸して貸して攻撃に

やたらあったことがありましたが(笑)

中にはついでにSPもと…


だだっぴろい教室で

割と大きめといっても家庭用のものを8本



物理的にもカバーしきれるものではないことは

現役の学生ならわかるはずのもの…(いや…思い込みでした(笑))




もちろんシビアな面では

どんなに小規模であっても「運営」にはかわりはないので

最低限の収益バランス、リスク管理というものは必要です。
※すごいな…ビジネスサイトみたいだ(笑)( ̄∇ ̄; !!




そして、これから新しいものを導入する前にも

必要なのが「リスク管理」→「初期導入」につながるわけです。


どう使うかは、どう活かすか?


根底のテーマはまずは高音質ありきのハッピー環境を!


初めて訪問された方は特にまず当サイトの提唱の「イアーフード理論」に

少しでも触れていただきたいと思います。



ちなみに、これ聞いてハマルと重くハッピーになれるぞい(笑)

Sun Palace ' Rude Movements'


後記


ここしばらく本業の登録試験というやっかいなものの
試験勉強ってやつに「おぼれております」(笑)
しかも、たっかい金払って。(T_T)。

さらにこいつに合格しても活動できるのが
2ヵ月後…
まーったく(ρ_―)o
しょっぱなからがっつり仕掛けて月50づつあげていかないと
採算とれにゃーねでね~でねすか(泣)。(T_T)。


こんなグチはさておいて

ただいまちょいとたくらみがございまして

最重要なのが体が持つかどうか…


段階式イアーフードの実現場導入計画と

それに連動させて時間差で虎の穴式DJスクールの
カリキュラムを作成しているわけですが…

これがまた…むずい…

その内容はというとマンツーマン方式で
でっかい音環境の緊張感走る中でのMIXに関するものから
運営戦略(こいつが濃い)的なフライヤーなど
効率の良い紙媒体のノウハウ、実質的な管理までなどを検討しております。

ところが…プログラム内容に力が入りすぎて
経営者セミナー的なものになってしまったので
優しく解体中でございます。。(T_T)。

そう…やりすぎはよくない…

マーケティング開発法なんぞはいらん(笑)


DJ現場用高音質環境リスト

| 業務店用初期導入基本概論 | 03:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://deepsoulhournet.blog111.fc2.com/tb.php/134-b317cec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。