面倒で誰も教えない異質DJ講座

DJについての初心者向けの情報は様々な形で公開されていますが 当サイトでは他とは少し異なる現場からの現実的な音の提供者側の視点、業務用DJ講座として実質的な理論を盛り込んだものまでを公開しています。



PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

≫ EDIT

それでいいのか!?街でもらうティッシュ

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

粗悪の権化



街を歩いていると

よくお姉ちゃんが「ど~ぞぉ~♪」なんてことが


昔からあるごく普通のありふれた光景ですが、


このティッシユも含む街頭での

広告媒体の配り方というのがあることはご存知だろうか?




たまに、もらい損ねたりしたことはないだろうか?



実は、もらい損ねた明確な理由というものが存在しているとしたら・・・

まずはにほんブログ村 音楽ブログ DJへ


ティッシユをもらい損ねた理由





昔々(ホントに昔)若かりし頃、DJの見習いといえば

フロア~カウンター~

通常のスタッフ作業から始めその店舗の全体の雰囲気や独特の流れを

細かく体感しながら学んでいくことがあたりまえだった時代。



レンタルホール化したCLUBが主流となっている

現在の状況下より見ると信じられないような「縦割り会社組織」と同様の

綿密な計画と根拠に裏付けられた戦略・戦術システムで展開・運営されていました。



当時の関連業種を経験した人のほとんどが

独立し事業を起こしてそれが継続している多くの実例モデルが存在していることも


これらの「人を育てる」という

目に見えない無形の人材育成システムが介在していたことが大きな理由のひとつでもあります。




現在の企業内における人材育成システムのように

確立されたマニュアルはほとんど存在せず

現場でダイレクトに「体感・経験」しながら独自のレポート発言する場である

ミーティングによる情報交換による統一化も

これらの運営内容強化のためにほぼ毎日行われてきたことは言うまでもありませんが


ところがどうでしょう?




街頭でティッシュをもらいそこねることが多く発生している昨今


先のDisco時代の街頭フライヤー配布現場では

渡し損ねる理由はたったひとつ


一気に人の流れが押し寄せてきた時のみ。



片側3車線の交差点で少人数で行われていたため

物理的限界が生じたときのみこの屈辱の現象が発生します。




先の現在のティッシュの場合


歩道で2方向のみという

実にシンプルな状況下で起きるこの屈辱的な現象。







なんのことやら理解不能の方も多いと思いますが、

実は、コレ


短期間でイベント告知するための街頭フライヤー配布戦略の

過去に限定配布した裏マニュアルサービスレポートの内容の一部でもあります。



専門業者は退化したのか





もう、おわかりの通りティッシュを街頭配布しているのは

専門業者が集めたアルバイトであるということは言うまでもありません。



広告紙媒体配布を生業とする専門業者の衰退事例は

ここ20年間見てきただけでめまぐるしいほど発生しています。



つまり、会社そのものが消滅してしまうということです。



なぜ、消滅したかの代表的な理由としては


1・依頼した企業の効果が上がらない
2・新規広告依頼の企業へのアプローチが弱い


という点があげられますが「2・」に関しては

「マーケティング」そのものの強化のみで会社の発展はかなり強く見込みがあります。



ところが肝心要の「1・」は専門業としての「信用」に関わる極めて重要な問題点です。



ではなぜ、「依頼した企業の効果が上がらない」のか?




無視され続けられた育成システム





企業の規模の大小に関わらず(飲食店なども含む)


「育成システム」ということに関心がありそれらを実行するに至る


運営サイドのマインド的なことやスタンスという基本的なことから


すべての流れの根本的なねじれが始まっていると思われます。



先の、かなりDeepなDJ講座でもありましたが


根本的な何かがねじれていると「持続性はありえない」ということです。



たかがティッシュからDeepな内容になっていますが


「表面的なことのみ取り繕うだけでは同じことの繰り返し」

になってしまいしなくても良いことの悪循環をできるだけ回避するための

基礎的マインドとなっていますのでお間違えのなきよう


すべてのことにあてはまりますが
単純な作業を継続しないばかりに致命的状況に陥ってしまうことはよくあることです。



街頭配布の受取確率のための効率化







イベントまであと3日。

そしてそれも決まった日も4日前(笑)



ショップカードを置いて回りのんびり構えているヒマはありません。



友人知人は終わった・・・あとは・・・・



「フライヤーを街頭配布するしかない・・・」と至りますが


街頭エリアでは極致移動型・縦横ラインのエリア選定作業という

地理的内容・時間帯による流れの内容など約20の独自チェック分析項目で

時間による移動で流れに沿って配布をします。


これは広告媒体内容にその移動方法や移動の距離時間などは細かく変化しますが・・・



・・・と、こむずかしいことは省いて(笑)


一番重要でしなければならない基本的な


「配布時の基本姿勢」というものがあります。



・右から来たら左手で渡す
・左から来たら右手で渡す


この、数十年以上前、先祖代々より伝わる最も基本的で重要なことが


現在、実行されていないことはとても嘆かわしいことではなかろうかと思います。


もうひとつここで重要なのは、「専門業者がこれさえしていない」ということが

まず第一の問題点、


そしてその「基本的スタンスさえ教えない」というのが第二の問題点。




不況不況と政策が悪いど~のという前にこんなシンプルで

最初にしなければならないことでさえ一切していないのに


政策が悪いど~の、信用が上がらない・・・



などとはおかしいのでは・・・と思うのですが



いかがでしょうか?



思い当たるフシがある業者さんがいたら

早急にもう一度、ゼロから見直したほうが良いと強く願うしだいです。

(。・ω・)ノ゛にほんブログ村 音楽ブログ DJへ

ゼロから見直すビジネスノウハウ




DJ現場用高音質環境リスト

| フライヤーの配り方 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://deepsoulhournet.blog111.fc2.com/tb.php/19-43f3d325

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。