面倒で誰も教えない異質DJ講座

DJについての初心者向けの情報は様々な形で公開されていますが 当サイトでは他とは少し異なる現場からの現実的な音の提供者側の視点、業務用DJ講座として実質的な理論を盛り込んだものまでを公開しています。



PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

≫ EDIT

的中→面倒で誰も教えない・・・バックナンバー1

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

※今回は移転前の(重~い)サイトからのバックナンバーの編集となります。



さて、一体何が始まるのか!?といまだ謎めいている皆様方
約10数年前よりDjMixCDの製作にとりかかりました。
シリーズタイトルは、ずばり、DeepSoulHour
おかげさまで廃盤も含みますがDJ-MIXのサンプルとして
DeepSoulHour.16まで
特定会員のための地味な活動をくりひろげております。

ところで、
ここ数年ほど前よりごく一般の方も耳にする言葉
ここでも少し紹介するDJというものですが
いまだに特に50代の方たちのほとんどに
理解されていないのにびっくり(笑)



それというのも昔はDJといえばラジオでしゃべるのが仕事
現在では既に
パーソナリティという立派なジャンルが確立されているにもかかわらず


こんな調子であります。

とにかくこんな時間が止まったオヤジ(親爺ではない)にはなりたくない
と、胸に秘め……(オヤジになってしまいましたが(笑))




まずはその2
かなり定着してきたいわゆるオタクDJ


これはかつてのDisco形態からClub形態への移行による功績が大きいと思います。


もう一つの理由としては音楽の作り手の環境によるものと思われます。

かつて70年代を例にとるとわかりやすいと思いますが

昔はバンドまたは生演奏を主体で

展開されていたものが製作機材が発達し現在ではほとんどPCなどで、
それもたった一人でつくれるにまで至りました。

そうですデジタル時代の到来というやつですね。


この簡単にできてしまうシステムが
普及し手軽に音楽を製作したり楽しんだりできてますね。


おたくDJというのも機材が発達して
値段も手頃になりいまや大型電気量販店でも売られ
ますます家で個人的にDJPlayを楽しむことができます。


ここに訪れている方の中にも
・少しは、している、
・これからする予定をしている

と、いうような方もいらっしゃると思います。


それとマスコミなどでとりあげられる
DJの話題の特徴としてまずスクラッチパフォーマンスがあります。

いまやDJイコールスクラッチという図式が妙な具合に定着しております。

このスクラッチ、1983年ハービーハンコックのRockItで一躍有名になって
ヒップホップという言葉を世に知らしめた功績が大きいことは
ご存知のかたも多くいらっしゃると思います。

そして第一次スクラッチブームの到来となるわけですが、
この当時ある漫画家とコラムを書くかたが約20年前にずばり予言をしております。


「いまに絶対スクラッチしかできないDJで世の中氾濫していまうだろう」
(いしかわじゅん氏)



そして、それはその通りに的中してしまいました。



今、まさに現在がそうなのです。

これはえらいこっちゃです。Σ(゜▼゜;lll)

ノストラダムスやエドガーケイシーも真っつぁおです

続く

DJ現場用高音質環境リスト

| 機材の選択 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://deepsoulhournet.blog111.fc2.com/tb.php/3-e2b37df7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。