面倒で誰も教えない異質DJ講座

DJについての初心者向けの情報は様々な形で公開されていますが 当サイトでは他とは少し異なる現場からの現実的な音の提供者側の視点、業務用DJ講座として実質的な理論を盛り込んだものまでを公開しています。



PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

≫ EDIT

業務用初期導入時の落とし穴

面倒で誰も教えない異質DJ講座 DeepSoulHourNet DJ-MIX Factory - Time and space -

コテコテ定番ダンクラ出品しました
その他レゲエ物レアDUB出品中!By K-yam.Sounddsh L.T.D. - LOVE MAGIC | George Duke - Dream On

たまに、他属性のメルマガのからみで
濃い内容の質問メールが来るのですが
今回は、久々にCLUB・BAR関連の事項についての
濃いめの質問がきたので今回は業務用DJ講座らしく展開です。
(というかビジネス系だなこりゃ(笑))


場所違いかも知れませんが

はじめまして

(略)



メルマガ経由にてサイト拝見させていただきました。

店舗運営にもお詳しいようなので少々お聞きしたいことがあり

メールをさせていただきました。



若輩ではございますが、

現在●●県●●●市にて音を前面に出した形態のBARを運営しております。

音の環境について改善を検討しているのですが

※以下略


久々に濃い便りが!  ォォォオオ Σ(゚Д゚ノ)ノ


まずはにほんブログ村 音楽ブログ DJへ



久々に業務店舗対話をしました~(〃∇〃)


今回は、すべての改善・交換ではなく一部入れ替えをして

高音質環境にということでしたが、


色々と話を進めているうちに、音の環境以外の問題点が出てきまして

そのために●伏●字としつつ公開となりました。



どのような業態の店舗でも売上そのものが低下することは

ご存知の通りの現象なのですが

ここで重要なことは根本原因を探して「なぜ」

改善する「どうする」の二つの作業をしなければなりません。



今回の店舗の場合音響以外の運営そのものと

それに対する姿勢の歪み的なものが浮き彫りになるまでの

とてもここでは言えない内容の詳細プロセスがあったことをまずお知らせを。





◇ここでは都合上、音響設備のみに関してなのですが


この業務店舗形態での「機材の初期導入」の場合、

先の「対する姿勢の歪み」

つまり開業後2年目で根本的なものに気がつき

その情報を求めていたそうです。



ちょうど前回の記述した内容ではSPの量と質

そして「空間のコミュニケーションツール化」についての独自レポートよりの

抜粋したものだったのですが、


この業務店舗項目の音環境は音質レベルだけではなく

もうひとつの基本的な重要課題である、

「視覚に訴える広告のごとくキャッチコピー化させる」ことが必要です。



今回は、わかりやすかったのですが、

個人と違い業務店舗は「仕事」「商売」として

機材などの初期導入をしなけりればなりません。


このとき、初期導入コストを低くしすぎると

あとで、二重のコスト高を招き、さらには通常の営業時にも

年間12.73%の結果の利益幅の差が出ることになります。



開業後見えない損をしないための業務店舗用初期導入の基本は

まず、スピーカーに重点をおきます。


※シンガポールあたりの無名のものじゃだめですよ(笑)

楽器用のPAでもだめです(*^∇^)ノナンセンス



実は、後々にするとすべてが後手に回りかねない結果を生む

確率が最も高い営業ツールともいえます。



さて、どうでしょう?


音キチの友人の家へ遊びに行き

自慢の音響システムを「広い」部屋の入り口から見たとき


何が一番先に、否応なしに目に飛び込んでくるものは?


そうです。


一番大きなもの。

スピーカーではないでしょうか?


次に近寄ってみます。


ブランドのラベルを見ます。



どうでしょう?

ここで、いかにもバッタもん系のラベルだとしたら・・・



当然、最初のツカミのあるもの・・・

不特定多数の人が出入りする業務店舗ではシャレになりません。





このことからも言えることは、

ブランデイング効果のある(例えばJBLなど)ものだとしたら

最初のインパクト効果によって

その記憶は、深層部にまで到達し忘れにくい基本の記憶情報として

その設置してある場所(店舗)が刻まれます。




10数年前のことなのですが(*  ̄  ̄) .。oO○回想


ス●キノのはずれの地下物件にCLUBと称するところの話。


ブース内の機材などは整っていたのですが

スピーカーが家庭用の約25cm~30Cm口径のもの数本(片手でじゅうぶんな数)


収容キャパシティが約100名は軽く収容できたそうで・・・



前回と今回の記述内容の悪条件すべて兼ねそろえておりました。(悲)


存続月数は、ご想像の通りΩ\ζ゜)チーン...



最も必要なものを初期導入しなかったがために

遠回りをしたり、最悪結果となった実話も交えておりますが


類似業種で例えていうのであれば

3、40坪数のレストランの厨房設備の中の

ガス台が家庭用のものがちょこんとおいてあるようなものです。




この場合、

この「運営そのものに対する姿勢の歪み」こそが

根本的原因であり、すべての行動指針を決定・位置づけるものでもあります。
(物理的な常識・情報に対する認識の甘さ)




店舗型事業では

どのような業種にも「初期導入」というものは

避けては通れないものですが


起業を検討中で、ここをたまたま訪れてこの記事を読んだ方は


この根本的なものから今一度再検討してはいかがだろうか?


もちろんすべて高価なものを導入せよと言っているわけではありません。




あらゆる企業(新規事業・起業分野において)を例に

ざっと流れを見てみると



ダウンサイジングが進んでいる現在とまでいわれていておりますが

この効率化を図る例をありとあらゆるカテゴリにあてはめてみたとしても


「際限なく完璧を追求をするのではなく
どこでよしとするかの区切りをわきまえなければならない」ことも

重要なことです。




以前、

「高音質環境=提供商品」=「飲食店の提供商品」と
例えて記述したことがありますが

厳密にいうともう少し複雑な構図が存在します。


「環境=提供商品」ではなく、「付加価値提供商品」であるといえます。



「オリジナル性のもの」「独自商品」(例:独自の味など)のものを前面に打ち出し

過去に成功事例というものは、実はごくわずかというデータが

はじき出されております。


つまり、ここでは「有形」のものを例えてあらわしているのですが

この「オリジナル性のもの」「独自商品」のマーケティング戦略において

一番危険なことは「コストを度外視」した「完璧なもの」を求めてしまう

いわゆる「完璧主義」に陥ることです。(ご注意あれ)



あまり、

「物」に固執しそうになったときには思い出してもらいたい。




いままで正しいといわれてきた常識は忘れること。

既存のビジネス成果の判断基準をに関する常識は捨てよう。


古いルール・常識は、新しい現実に通用しない。

必要なのは常識破りの方法論である。(D.S.ケネディの言葉)





すべてにおいて成功と発展を!DeepSoulHour-k-yam.


DJ現場用高音質環境リスト

| 業務店用初期導入基本概論 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://deepsoulhournet.blog111.fc2.com/tb.php/34-3ee304b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。